可搬型蓄電システム

POWER YIILE 3

パワーイレ・スリー

蓄電容量 2.5kWh

進化したパワーイレで
電気と安心の備えを。

小さくなって大きく進化した、室内用蓄電システム

「POWER YIILE 3(パワーイレ・スリー)」は、エリーパワーが2010年に初めて発売した室内用可搬型蓄電システムの3代目モデル。サイズはコンパクトに、性能は大きく進化しました。
ユーザーのニーズに応えた最新の機能と、IoT時代にフレキシブルに対応できるクラウド管理機能を備えています。
オフィスや自治体でのBCP(事業継続計画)対策、ご家庭でのピークシフト対策や非常用電源として幅広く活用できます。

小さくなって、大きく進化。新パワーデバイス(SiC)採用で、総合効率が40%向上

・従来機より、約20%の小型&軽量化を実現。総合効率も約40%向上。
・蓄電容量は従来機と同じ(2.5kWh)。さらに高出力化(1.5kVA)。
・次世代パワー半導体SiC(シリコンカーバイド)採用で、電力変換損失を大幅に低減。
・システム効率が大幅に向上し、静音化を実現。
※2012年発売 POWER YIILE PLUS(パワーイレ・プラス/PPS-11、PPS-20)

クラウドサービス「エリークラウド」で、蓄電率や電力履歴もひと目でチェック

「エリークラウド」は、企業や個人に向けて提供するWEBサービス。
スマートフォンやタブレットから、様々な用途に応じた動作モードの変更を行うことが可能です。
また、蓄電率や電力履歴などの「見える化」を実現しました。

直感的に使いこなせる操作性

前面のLED表示で、運転状態を分かりやすく表示。機能を絞り込み、使いやすさにこだわったインターフェースです。

停電時にも安心な備えを

オフィス停電時の蓄電システムあり・なし比較動画

太陽光パネルからも直接充電が可能

太陽光発電時は優先的に太陽光発電電力を接続機器に供給し、余剰電力を蓄電池に充電します。
また夜間は、昼間蓄えた電力を 接続機器に供給することで、発電電力を効率よく利用することができます。

安心の品質・安心のサポート

パワーイレ・スリー ごあんしんサービス

システムの稼働状況をモニターし、万が一異常が見受けられる場合には、弊社または販売店よりお客様へ、電話による運転状況の確認作業を行っています。
またシステムのソフトウェアのアップデートも自動的に行います。

仕様一覧

・ご使用の前に「ユーザーマニュアル」をよくお読みの上、正しくお使いください。
・本製品は日本国内での使用に限ります。
・製品の改良のため、外観・仕様の一部を予告なく変更する場合があります。
・カタログと実際の製品とは印刷の関係で多少異なる場合があります。
・ 「ごあんしんサービス」は通信状況その他の要因により動作しない場合があります。
・本製品は、機器に異常が発生すると、電源が自動的に切れるようになっております。誤作動または不具合による使用機器の機能停止や損傷、データ消失、周辺機器への影響などが発生しても一切の責任は負えません。
・本製品は極めて高い信頼性や安全性が求められる用途に直接使用しないでください。
・本製品を船舶や航空機で輸送する場合は、荷主による危険物申告書の作成と輸送形態に応じた梱包が必要となります。
・使用可能時間、電池寿命は使用環境により異なります。
・系統連系を行うためには、あらかじめ電力会社との契約が必要となります。
・本製品設置には必ず工事が必要となりますので事前にご相談ください。
・使用済蓄電池の廃棄に関しては、当社へご連絡ください。
・リチウムイオン蓄電池ユニットは使用期限(使用開始から15年)を設けています。
・エリーパワー、ELIIY Powerおよびパワーイエ、POWER iEの名称、エリーパワーロゴはエリーパワー株式会社の商標または登録商標です。
・ECHONETLite、ECHONET、エコ-ネットロゴはエコーネットコンソーシアムの商標です。
・エネファームは東京ガス㈱・大阪ガス㈱・ENEOS㈱の登録商標です。
・記載の製品名および会社名は会社の商標または登録商標です。
・太陽電池に関するお問合せは、太陽電池の販売店または施工会社にお問合せください。接続できる太陽電池モジュールは、PID評価およびPID対策済のモジュールのみ可能です。
・系統運転(通常時)は、太陽電池と蓄電池からの放電で家全体に合計8.4kVA(8.0kW)までの電力供給を行います。それ以上の電力供給が必要な場合は電力会社からの電力供給となります。

カタログダウンロード

カタログダウンロード

POWER YIILE 3

POWER YIILE 3.pdf(1.6MB)

エリークラウドについて

エリークラウドは、企業や個人に向けて提供するWEBサービスです。
お客様情報端末(スマートフォン/タブレット/PC)から、対象製品に合わせた機能を使用することが可能です。
下記のリンクより、対象製品を選択してください。

詳しくはこちら