SDGsへの取り組み

SDGsロゴ

SDGsとは

SDGsとは

「SDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)」とは、2015年9月の国連サミットにおいて採択されたグローバルな社会課題を解決し持続可能な世界を実現するための国際目標であり、17の目標と169のターゲットから構成されています。

エリーパワーは2006年の創業以来、SDGsの課題に既に取り組んでいる会社です。

当社は、蓄電池および蓄電システムの専業メーカーとして、2006年の創業当初より安全な大型リチウムイオン電池の普及を通して持続可能な社会の実現に向けて貢献してまいりました。

SDGsが示す17の目標の中から、当社の事業と関連が深く、重点的かつ持続的に取り組むべき6つの目標を選定しました。

再生可能エネルギーに不可欠な大容量蓄電池の開発と普及

SDGs目標7
目標7:すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する   【対象となるSDGsターゲット】
7.1 2030年までに、安価かつ信頼できる現代的エネルギーサービスへの普遍的アクセスを確保する。
7.2 2030年までに、世界のエネルギーミックスにおける再生可能エネルギーの割合を大幅に拡大させる。

■エリーパワーの取り組み
自然現象に左右される不安定な再生可能エネルギーに不可欠な大容量蓄電池を開発し、普及させることで、人類社会に貢献することを創業の理念とするメーカーです。   【具体的な活動】

・太陽光発電システムで発電した電力を有効活用するために不可欠なハイブリッド型蓄電システムを戸建・集合住宅向けに提供しています。
・大手ハウスメーカーの新築住宅搭載率約50%。

  ■事例紹介(大和ハウス工業株式会社向け 家庭用定置型蓄電システム)
 

スマ・エコ タウン晴美台 スマ・エコ タウン晴美台   ネット・ゼロ・エネルギー・タウンを実現する「スマ・エコ タウン晴美台」に当社「パワーイエ・シックス」を導入して頂きました。全戸建住宅(65戸)および集会所に設置され、平常時には環境を配慮したエネルギー自給の仕組みを構築し、災害時にはバックアップ電源として活用されています。
  ⇒大和ハウスグループのSDGs取り組み事例(外部サイト)リンクアイコン
 

スマ・エコ シティ相模原 光が丘エコタウン スマ・エコ シティ相模原 光が丘エコタウン   再生可能エネルギーの利用拡大と環境に配慮した住宅と商業施設一体型のスマートコミュニティ「スマ・エコ シティ相模原 光が丘エコタウン」に当社「パワーイエ・シックス」を導入して頂きました。全戸建住宅(127戸)に設置され、街全体で先進的な環境設備を導入する低炭素型のエコタウンに活用されています。
  ⇒大和ハウスグループのSDGs取り組み事例(外部サイト)リンクアイコン
 

セキュレア豊田柿本 セキュレア豊田柿本   低圧電力の供給による戸建住宅間の「電力融通」を導入したスマートタウン「セキュレア豊田柿本」に当社「パワーイエ・シックス・ハイブリッド」を導入して頂きました。全戸建住宅(21戸)に設置され、戸建住宅における新たな電力需給のカタチとして、系統電力への負荷を減らし電力の地産地消を行う「街区内の電力融通」に活用されています。
  ⇒大和ハウスグループのSDGs取り組み事例(外部サイト)リンクアイコン

信頼できる持続可能な電池の開発/持続可能な電力インフラの開発

SDGs目標9
目標9:強靭なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る   【対象となるSDGsターゲット】
9.1 全ての人々に安価で公平なアクセスに重点を置いた経済発展と人間の福祉を支援するために、地域・越境インフラを含む質の高い、信頼でき、持続可能かつ強靱(レジリエント)なインフラを開発する。
9.4 2030年までに、資源利用効率の向上とクリーン技術及び環境に配慮した技術・産業プロセスの導入拡大を通じたインフラ改良や産業改善により、持続可能性を向上させる。全ての国々は各国の能力に応じた取組を行う。

■エリーパワーの取り組み(対象SDGsターゲット 9.1)
可燃物を使用しているリチウムイオン電池の安全性を確保し、長期間使用できる、“燃えない”かつ”持続性の高い”電池の開発に取り組んでいます。
  【具体的な活動】

信頼できる持続可能な電池の開発
1. 安全性の高い電池の開発
  ・現状:極めて安全な電池(釘差し・過充電状態でも発火・有毒ガス発煙なし)
  ・目標:燃えない電池の実現(不燃性電解液使用電池の開発)
2. 長寿命電池の開発と持続可能性の向上
当社は電池の容量保持率 80% を維持できる上限サイクルの向上を目指します。
  ・現状:             12000回サイクル後、80%以上(17000回サイクル後、70%以上)の容量保持率
  ・2025年度目標:15000回サイクル後、80%以上の容量保持率
  ・2030年度目標:20000回サイクル後、80%以上の容量保持率     電池セルの型式:PD50S06
室温25℃、充放電流48.5A(1C)、1日3サイクルのフル充放電(DOD:放電深度=100%)した場合の電池セル単体における容量の定格容量に対する割合(容量保持率)の予測値です。電池セルを搭載する蓄電システムの使用条件(充放電頻度など)、使用環境などにより、容量保持率の低下度合は変動します。また、搭載する蓄電池の容量と、蓄電システムとして実際に使用できる容量は、蓄電システムの使用条件などの影響によって変動します。
 
  ■エリーパワーの取り組み(対象SDGsターゲット 9.4)
老朽化した巨大なインフラに頼らない小規模で地産地消できる再生可能エネルギーを活用したクリーンで環境に配慮した自立可能なエネルギー供給体制の構築を目指しています。
  【具体的な活動】
持続可能な電力インフラの開発
VPP事業
  ・現状:再生可能エネルギーを有効活用するための仕組み作り
  ・2024年度目標:需給調整市場(周波数調整)でのサービス開始

  ■事例紹介(大和ハウス工業株式会社向け 産業用蓄電池ユニット)
 

環境配慮型オフィス「大和ハウス佐賀ビル」 環境配慮型オフィス「大和ハウス佐賀ビル」   「電力自立システム」を導入し「エネルギー効率2倍(EP100)」、「再生可能エネルギー100%(RE100)」を具現化したオフィスビル「大和ハウス佐賀ビル」に当社蓄電池ユニットを導入して頂きました。当ビルは経済産業省が実施した平成29年度「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル実証事業」に採択された建築物であり、日本初の再生可能エネルギーによる電力自給自足オフィスとしての実証実験が実施され、当社蓄電池ユニットを利用されています。
  ⇒大和ハウスグループのSDGs取り組み事例(外部サイト)リンクアイコン

安心・安全な社会づくり

SDGs目標11
目標11:包摂的で安全かつ強靱で持続可能な都市及び人間居住を実現する   【対象となるSDGsターゲット】
11.B 2020年までに、包含、資源効率、気候変動の緩和と適応、災害に対する強靱さ(レジリエンス)を目指す総合的政策及び計画を導入・実施した都市及び人間居住地の件数を大幅に増加させ、仙台防災枠組2015-2030に沿って、あらゆるレベルでの総合的な災害リスク管理の策定と実施を行う。
 
SDGs目標13
目標13:気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる   【対象となるSDGsターゲット】
13-1 全ての国々において、気候関連災害や自然災害に対する強靱性(レジリエンス)及び適応の能力を強化する。

■エリーパワーの取り組み
日本国内で多発する地震や台風などの自然災害により発生する長時間停電に対応するため、取り付けが容易で、搬送可能な蓄電システムを提供し、住民・従業員の安全確保およびBCP対策に活用頂いています。
  【具体的な活動】

・震災や台風などによる長期停電発生時に当社可搬型蓄電システムが有効活用されました。

千葉県庁・介護施設などへ可搬型蓄電システム58台を無償貸与

千葉県庁・介護施設などへ可搬型蓄電システム58台を無償貸与

千葉県君津市の一時避難場所において、10日間電源を確保

千葉県君津市の一時避難場所において10日間電源を確保

リチウムイオン電池のリサイクルを可能にする回収・処理システムの確立

SDGs目標12
目標12:持続可能な生産消費形態を確保する   【対象となるSDGsターゲット】
12.4 2020年までに、合意された国際的な枠組みに従い、製品ライフサイクルを通じ、環境上適正な化学物質や全ての廃棄物の管理を実現し、人の健康や環境への悪影響を最小化するため、化学物質や廃棄物の大気、水、土壌への放出を大幅に削減する。

■エリーパワーの取り組み
市場に流通するリチウムイオン電池を回収し、安全に処理、再資源化を含めたスキームを確立しています。   【具体的な活動】

リサイクルを可能にする回収・処理システムの確立
 創業時からリサイクルシステムの確立を視野に入れ、全国(沖縄を除く)で広域的に蓄電システムの回収・処理を行えるよう、リチウムイオン電池業界でいち早く、2013年7月に環境省より広域認定を取得しました。
同認定のもと、専門知識が必要なリチウムイオン電池の解体・処理を、当社が安全と環境に配慮しながら実施しています。電池セルから出た廃部材はすべて鉄や銅、アルミ、プラスチック等に再資源化されるため、埋め立て処理は発生しません。

関連プレスリリース
 

労働・人権問題に配慮した資源調達

SDGs目標8
目標8:包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する   【対象となるSDGsターゲット】
8.7 強制労働を根絶し、現代の奴隷制、人身売買を終らせるための緊急かつ効果的な措置の実施、最悪な形態の児童労働の禁止及び撲滅を確保する。2025年までに児童兵士の募集と使用を含むあらゆる形態の児童労働を撲滅する。

■エリーパワーの取り組み
当社労働環境の適正さを維持するとともに、製造プロセスに関わる一連の過程において不当な労働が強いられることのないよう留意し、エシカル(倫理的)な原材料調達を推進しています。   【具体的な活動】

労働環境問題に配慮した資源調達
 労働・人権問題への対応として、創業以来、採掘作業時の労働環境問題が指摘されている鉱物(コバルトなど)を採用しない取組みを実施しています。