千葉県の大規模停電への蓄電システム支援

千葉県庁・介護施設などへ可搬型蓄電システム58台を無償貸与

2019年9月に発生した「令和元年台風第15号」の停電被害に対する支援として、千葉県庁をはじめ介護施設等へ可搬型蓄電システム「POWER YIILE PLUS(パワーイレ・プラス)」58台を無償貸与いたしました。
携帯電話充電サービス提供用の電源として停電エリアに輸送されたほか、避難所となっている公民館や市役所等に設置され、携帯電話・スマートフォンの充電や扇風機の稼働等に使用されました。
千葉県知事より感謝状を受贈

令和三年房総半島台風等の一連の災害において、千葉県庁をはじめ介護施設等へのPOWER YIILE PLUSの無償貸与を実施し、停電被害に対する支援に精力的に取り組んだことが評価され、千葉県知事から感謝状が贈呈されました。

千葉県君津市の一時避難所において、10日間電源を確保

2019年9月11日に、千葉県君津市の一時避難場所となっている公民館へ可搬型蓄電システム「POWER YIILE 3(パワーイレ・スリー)」2台、カセットガス発電機「EU9iGB(エネポ)」1台とエネポ用のガスボンベをお届けし、支援を行いました。
POWER YIILE 3は、携帯電話・スマートフォンの充電のほか、熱中症対策の扇風機や冷蔵庫の電源としても使用されました。
公民館の周辺地域は9月21日まで長期間にわたって停電が続きましたが、蓄電容量がなくなった際にはカセットガス発電機からPOWER YIIL 3を充電することで、停電復旧までの間の電力供給に役立てられました。