エリーパワー TOP > エリーパワーの技術 > エリーパワーの電池セルの要素技術

エリーパワー電池セルの要素技術

エリーパワーの大型リチウムイオン電池セル

エリーパワーは、定置用の大型リチウムイオン電池専業メーカーとして、電池セル単体の安全性を第一優先に、研究開発を進めてきました。
  高い安全性と高機能を実現した、当社電池のベースとなる要素技術についてご紹介します。

当社の要素技術を踏襲した、最新セルの仕様と特徴

エリーパワー電池セル(単電池)

型式       :
PE55S07
定格容量    :
53Ah
公称電圧     :
3.2V
質量       :
1.41kg
質量エネルギー密度:
121Wh/kg
サイズ      :
W170.5×D45.0×H111.9mm
               (端子部含む最大値)
使用可能温度範囲 :
-20~60℃
  JIS C8715-1 に沿った定格容量表記
 
  リンクアイコン
  • 国際的認証機関が認めた、高い安全性
  • 繰り返しフル充放電に強い、高い耐久性と長寿命
  • 多様な使用環境に対応可能な、広い使用可能温度範囲
  • 正極材料にコバルトやニッケルなどのレアメタル(希少金属)不使用

エリーパワーが選ばれる3つの理由(電池セルの3つの特長)

電池セル安全性試験 理由1. 世界トップクラスの安全性
  エリーパワーでは、何よりもまず「安全性」を最優先に開発を進めています。電池セル単体から安全を確保することで、釘刺し・圧壊・過充電しても発煙・発火しない、世界トップクラスの安全性を実現しました。
  詳しくは「世界トップクラスの安全性」をご覧ください。


電池セル寿命実測データ 理由2. 安心の長寿命
  15年繰り返しフル充放電を行っても(約17,000回電池容量保持率70%という長寿命を実現しました。長期間にわたって、安心してお使いいただけます。
   電池セルの型式:PD50S06
室温25℃、充放電流48.5A(1C)、1日3サイクルのフル充放電(DOD:放電深度=100%)した場合の電池セル単体における容量の定格容量に対する割合(容量保持率)の予測値です。電池セルを搭載する蓄電システムの使用条件(充放電頻度など)、使用環境などにより、容量保持率の低下度合は変動します。また、搭載する蓄電池の容量と、蓄電システムとして実際に使用できる容量は、蓄電システムの使用条件などの影響によって変動します。
  詳しくは「安心の長寿命」をご覧ください。


-20℃~+60℃までの幅広い温度範囲に対応 理由3. 優れた温度特性
  ー20℃から60℃の広い温度帯域で安定した性能を発揮するため、多様な使用環境に対応可能​です。
  詳しくは「優れた温度特性」をご覧ください。


エリーパワーの大型リチウムイオン電池を搭載した蓄電システムは、その高い安全性と性能から、大和ハウス工業様やセコム様、NTTドコモ様を中心とした多くの企業に採用されています。
  関連リンク エリーパワーの実績